高反発マットレスなら何でもいいわけじゃない!腰痛予防におすすめなのはウレタンフォーム!

腰痛に悩むためマットレスを購入しようといろいろなサイトを見ていると高反発のマットレスであっても必ずしも良い口コミばかりではありません。中には10万をこえるマットレスもあるため、「こんな高価なものを購入したのに良くないの?」と心配になります。確かに腰痛には高反発のマットレスが良いといわれていますが、必ずしも全員に効果があるとはいえません。高反発マットレスは特に定義があるわけではなく、反発力の高いマットレス全般を高反発マットレスと言います。そのためあまりにも反発があり過ぎるのも良くありませんし、反発力は体重にとって変わります。反発力が高いマットレスで体重の軽い人が寝ると体圧分散が悪く腰痛を悪化させる結果となってしまいます。反発力は強いからといって、より高いものが良いという訳ではないので注意しましょう。またどうしても腰痛のことを考えると体圧分散のことばかり考えてしまいますが、それ以外にも通気性や耐久性もしっかりチェックしなければいけません。高反発のマットレスに使用される素材は大きく分けるとボンネルコイル、ポケットコイル、ブレスエアー、ウレタンフォームになります。ボンネルコイルは反発力は強いですが、体圧分散的にはあまり良くありません。またコイルなので通気性はいいですが、耐久性はコイルの劣化が否めません。ポケットコイルは点で支えるマットレスであり、体が沈みこむ傾向にあります。通気性は非常にいいですが、腰痛予防と考えるとおすすめできません。次にブレスエアーです。体重にあった反発力であれば腰痛予防になりますが、一般的に薄いマットレスが多い傾向にあります。通気性はいいですが、薄い分耐久性はよくありません。他の素材に比べて買い替えるサイクルが早くなるといえるでしょう。そしてウレタンフォームです。体のラインに沿ってフィットするので、体重さえ合えば、体圧分散モ抜群です。通気性は一番良くありませんが、その分耐久性に優れています。

総合的に考えると通気性は良くありませんが、ウレタンフォームが一番腰痛には良いといえるでしょう。また通気性も2万ぐらいのマットレスでは良くありませんが、値が張るものではそういった悩みを改善してあるものもあります。

腰痛には高反発のマットレスがいいのはご存知だと思いますが、高反発といっても種類は様々です。高い買い物である分しっかり調べて選ぶようにしましょう。マットレス次第では腰痛と無縁の質の良い睡眠をとることが出来るでしょう。

13層、厚み27センチの極上マットレス!腰痛にはマットレス選びが大切!

人間にとって睡眠はとても大切なものです。スペースがあればどこでも寝れるっていう人もいますよね。でも気付かなくても体は悲鳴を上げており、ある日突然腰痛となって現れるのです。質の高い睡眠をとることは1日の疲れをしっかりとることができ、夜中に目が覚めたり、腰が痛くなったりすることもなく、すっきりとした寝起きを得ることが出来るのです。たかが睡眠と思っていると身体はどんどん疲労を溜め込んでしまうのです。

寝るとどうしても腰、肩、首が痛くなるという悩みを抱えている人も多いですよね。確かに硬い布団やフローリングの上で寝ていると朝目覚めたら体がバキバキになっていたということがあります。でもマットレスを使っているのにそう感じることはありませんか?マットレスといってもいろいろな種類のマットレスがあり、しっかりと体圧分散が可能なマットレスで寝返りが自然に行えるマットレスでなければ腰痛が悪化してしまうのです。どんなマットレスでもいいという訳ではないのです。マットレスは安い買い物ではありません。しかししっかりしたものであれば10年以上使い続けてもへたるということもほとんどありません。毎日が質の高い睡眠がとれると思うと決して高いというものではありません。

腰や首、肩への負担をなくすために研究されて作られたマットレスが13層やすらぎマットレスです。13層と聞くとあまりの多さにびっくりしますよね。実際厚みも27センチのボリュームです。3Dスプリング高反発構造で体の圧を均等に逃してくれます。真ん中にあるプレミアム高反発コイルが体を上方向に押し上げそれを取り囲むウレタンがスプリングのように体を吸収し体の圧を横に逃し、腰や肩などの部位に負担がかかることがありません。さらに6.5センチのポケットコイルで高い耐久性、反発力を実現しています。コイルの長さが長いとより体圧分散が向上するのです。さらに抗菌防臭、防ダニ効果も優れているため、アレルギー体質の人も安心して使用することが出来ます。このマットレスは約10万程度するため高すぎると思ってしまいます。しかしマットレスは長く使えるものであり、1日に換算すれば10年使用しても1日30円程度です。それで質の良い睡眠がとれ腰痛と無縁の生活と思えば安い買い物です。今やネットで購入できるマットレスの多くが全額返品制度を導入しているところが多く、実際の使用感を試すことが出来ます。ぜひその効果を実感してみてください。

怪しいことなんてない!腰痛に効果あり!モットンのマットレス


実際マットレスを変えただけで腰痛が良くなるなんて正直半信半疑になりますよね。でも枕が変わったり、床が硬いところで寝た次の日は全身が痛かったり、体がだるかったりと不調が現れたりするものです。立ち仕事だったり、座りっぱなしの仕事だったりと体は1日で相当な疲れを溜め込みます。そしてその疲労を睡眠という形で改善できなければ、すっきりとした朝を迎えることが出来ないのです。腰に負担を与えることなく睡眠をとるにはマットレスは不可欠です。
とはいっても今やたくさんのマットレスが販売されています。そしてマットレスは決して安い買い物ではりません。より効果が実感できるものを選びたいですよね。そんな人におすすめなのがモットンのマットレスなのです。人は1日のうち約3分の1は寝ています。そしてこの睡眠中に寝返りを打つことで筋肉を休ませています。モットンのマットレスは寝返りを自然に行いやすくするために反発力にこだわっており、自然な力で寝返りを行いやすくしています。そのため、筋力が衰えた人でも楽に寝返りができるのです。また体圧分散に優れており、横向きに寝た場合、体が沈み過ぎず背骨がまっすぐになり腰に負担がかからず、筋肉を休ませることが出来ます。モットンはとても素晴らしいマットレスですが、なかにはモットン 怪しいという口コミを目にします。怪しいという人の中に全額返品保証制度を導入しているのに、90日間のお試し後の2週間という期間でしか返品を受け付けないという制度に疑問を抱いている人がいました。確かに90日後の返品手続きとなるとうっかり忘れてしまうと心配になりますよね。しかし、実際それくらいの期間マットレスを使用してみないと効果はわからないため、そういった日にちで設定されているのです。また口コミを見ていると良い口コミばかりで怪しいなんて疑ってしまいますよね。確かに実際100人が100人素晴らしいと答えるものはそう多くはありません。モットンの公式サイトを見ているといいことばかり書いてあるのは仕方ないことです。使用感には個人差があるため、必ず購入する人の腰痛が改善するという保証はどの商品もありません。そういったことがあるため返品保証制度を導入しているのです。90日間使ってみて納得がいかなかったら購入代金を返金してくれるなんてありがたい話です。マットレスは長く使えるものであり、安価なものではありません。しっかり納得して購入したいですね。

マットレスだけじゃない!腰痛には枕選びも重要!硬めの枕で腰痛改善!

腰痛になってしまうと何回も接骨院に通ったり、湿布で治療したりといろいろと手を尽くしますよね。腰痛になってしまうと日常生活が不自由だったり、仕事をしている人はいつものように仕事が出来なくて途方に暮れてしまいます。

しかし腰にとって一番の治療は休むことなのです。人間は二足歩行になってから肩こりと腰痛に悩まされています。私たちの体は背骨で重たい頭を抱えています。そのため立っている間は腰に相当な負担がかかっています。寝ている間に腰に負担にならない寝方、負担にならない寝具を選ぶことが非常に重要なのです。お尻が沈み過ぎるものや、硬すぎるものもダメ、そして柔らかすぎるものダメと腰痛を悪化させないマットレス選びはとても難しいのです。そして腰痛を悪化させないためには枕も重要です。枕は顔と首が一直線になるものを選びましょう。柔らかすぎる枕や、ヘタってしまっている枕では腰痛の原因となってしまいます。枕が悪いと腰が反ってしまう姿勢になる、背骨に横曲がりの力が加わる、適度な寝返りが出来ないなどの理由で腰痛を引き起こしてしまいます。うつ伏せや仰向けに寝ると腰が反る姿勢になってしまいます。枕が高いと猫背のような状態で寝ることになってしまいますし、低すぎる場合も顎が上がってしまい肩こりの原因となってしまいます。また頭が沈みこむテンピュールなどの枕は頭が沈みこみ非常に寝心地の良い感覚になりますが、頭が沈みこんでしまうとそのまま固定され、自然な寝返りをしにくくなりかえって腰痛を悪化させてしまう可能性があります。

ではどんな枕がいいのでしょうか?重要なのが硬めの枕、幅の広い枕、適度な硬さの枕です。枕は柔らかすぎると頭が沈みこみ自然な寝返りが出来なくなります。体に負担を与えない程度の硬さがいいでしょう。そして幅広の枕は寝返りをしてしまっても枕から落ちてしまう心配がありません。気付かない間に枕から落ちて寝ていたとなると姿勢が悪くなってしまいます。幅広の枕であれば安心でしょう。枕の高さは横向きに寝た際に鼻と喉とおへそが一直線になるものを選びましょう。

枕といってもいろんなものが販売されています。腰痛を悪化させないためにはマットレスと同様枕選びも慎重にならなければいけません。高反発なテラックス素材、蕎麦殻の枕などの硬めの枕がおすすめです。枕が変わったら寝れないといわれるほど枕は重要です。自分の体に合った枕を見つけられると腰痛にも効果がえられるでしょう。

まるで雲の上!腰痛予防のマットレスで極上の寝心地!

ひと昔前までマットレスと言えば低反発のものが人気でした。なんでも低反発のものがいいなんて思っていませんか?低反発のあのさわり心地は確かに最高ですが、腰にとってはあまり良くありません。腰痛もちにとってマットレス選びで重要なのが、体圧分散であり、その機能が高いとされる高反発マットレスが良いのです。

マットレスといってもたくさんのものが売られており、中には値段で決めてしまう人もいます。確かにマットレスってお高いですよね。合わなかったからといって買い替えるという訳にはいかないため、購入前にしっかりと調べておくようにしましょう。

腰痛に良いとされているとマットレスを紹介したいと思います。その名も雲のやすらぎです。えっ?って思った人も多いですよね。まるで雲の上で寝ているような寝心地からの名前です。なぜ雲の上のような感覚になるかというと17㎝という極厚の5層構造だからです。高反発スプリングマットを凸凹アルファマットで挟み込んでいるため体の圧を分散させることが可能になっています。就寝中に腰に負担がかかることがなく、朝すっきりと目覚め、腰痛はもちろん体が痛いといったことがありません。そして高反発スプリングマットなので寝返りを助けてくれ寝返りを最小限の力で行うことが出来ます。寝返りは無意識で行うものです。高反発スプリングマットの陰で自然と無理なく寝返りができるため、目覚めたとき疲れが現れません。

しかしこのマットレスはシングルタイプのもので4万程度するため、決して安い買い物ではありません。腰痛の為にと思っても本当に効果がるのか半信半疑になりますよね。確実に効果があるとわかっていればいいのですが、こればかりは体との相性もあるため、必ずとはいえません。しかしこの雲のやすらぎのマットレスは返品保証制度を導入しており、購入して100日以内であれば返品が可能です。思ったより腰痛に効果を感じなかった、自分の体には合わなかったとなれば100日以内であれば使用していても返金されます。マットレスは合わなかったから他のを買いなおすなんて簡単にできるものではありません。お店でちょっと横になってみて確認したとしてもしっかり眠った状態で確認しなければ実際の使い心地を確認できたことにはなりません。その点雲のやすらぎのマットレスであれば100日間試すことが出来るため、納得して購入することが出来ます。腰痛に悩む人はぜひ試してみてくださいね。

どっちが腰痛予防になる?腰痛に優しいのはベットor布団

あなたはベットで寝ていますか?それとも布団で寝ていますか?今の時代ベットで就寝している人が多いとは思いますが、実際ベットと布団ではどちらが腰痛にいいのでしょうか?

もちろんそれぞれにメリット、デメリットがあります。まずは布団です。布団はその日によって敷くところを変更することができます。快眠に重要なのが頭寒足熱です。そのため季節によって向きを変えることができるため、冬は足に暖房が当たる向きに調整することができます。しかし布団は実は腰に良くないのです。もちろん布団をひいたりしまったりすることは結構大変です。腰を痛めているとなおさらです。この敷いたりしまったりの作業が苦という人も多いですよね。中にはそのまま敷きっぱなしという人もいます。しかし布団は非常に湿気やすく敷いたままにしているとダニやカビが繁殖してしまいます。アレルギーで痒みが発生してしまったということになってしまいます。さらにフローリングの上にしいてしまうと通気性が悪くなってしまうため要注意です。またマットレスを使用していないと腰に負担がかかります。布団に横になってみるとわかるのですが、敷布団やマットレスによっては布団が硬く感じてしまいます。布団が硬いということは腰が浮いてしまっている状態です。そのため腰を休めることが出来ずに腰痛を悪化させてしまうのです。この点は腰に良いマットレスを使えば改善できるでしょう。

そしてベットです。ベットで寝ている人の方が多いのではないでしょうか。ベットの場合は布団に比べて起き上がるのが楽です。ベットの場合、ベットから立ち上がる時に十分な高さがあるため腰の負担になりません。しかしベットはベット下の掃除が大変だったり、しまうことが出来ないため、簡単に場所を移動することが出来ません。腰痛になったから1階に寝床を移動ということは簡単にできません。

ベットも布団もそれぞれメリット、デメリットがあります。そして両方に言えるのが、腰痛にとって重要となってくるのがマットレストということです。もちろんどんなマットレスでもOKということではありません。使うことでかえって腰を痛めてしまうということもあります。マットが柔らかすぎず、硬すぎず、自分の体に合ったものを選ぶことが大切なのです。睡眠は1日の体の疲れを取ることが重要です。横に慣れればいいというわけではありません。腰痛にならず快適な睡眠がとれるマットレスを探しましょう。

寝ている間に腰に負担がかかる!低反発のマットレスは腰に負担大!

世の中には腰痛で苦しむ人が多くいます。その大半が腰痛もちだからと仕方ないと思ってしまいがちです。腰痛は日常生活に支障をきたすものであり、仕事や育児、家事を抱えていると安静にしているという訳には行きません。痛めた腰を安静にさせるなんてなかなかできないですよね。そのため、腰痛にならないようにするのが一番です。

腰痛は筋肉の緊張が原因で神経や血管が圧迫され違和感として腰にあらわれます。一日中立って居たり、デスクワークしているだけでも腰にとっては腰痛の原因となるのです。寝ている間もずっと同じ姿勢でいることは腰にとっては負担となります。マットレスを選ぶ際は腰が沈みこまないようなものを選ぶことが大切です。

マットレスと聞くと低反発が有名です。ひと昔前に低反発のさわり心地がブームになったほどです。低反発のマットレスは寝心地も良く、無重力空間にいるみたいと言われ、一度横になってみると「これ欲しい!」と思えるほど気持ちの良いものです。しかしこんな寝心地の良い低反発のマットレスですが、腰痛もちにとって低反発のマットレスは腰痛を悪化させる原因なのです。

でもなぜ寝心地がいいのに腰痛になってしまうの?って思いますよね。低反発のマットレスは腰などの重たい部分が沈みこんでしまいます。腰には人の内臓が集まっており一番思い部分なため、低反発のマットレスだとその部分だけ沈んでしまい、背骨が曲がり、腰痛をまねいてしまうのです。さらに寝返りが少ないのもよくありません。寝ている間に寝返りが少ないのは決して悪いことはありませんが、少なすぎるのも良くないのです。適度に寝返りをすることは血流の流れを良くしてくれます。体は血流が滞ってしまと自然と寝返りをします。低反発のマットレスは沈み体を包み込んでしまうため寝返りを抑制してしまうのです。

低反発のマットレスは寝心地は最高ですが、腰にとってはあまり良くありません。お店で購入する際に試しに横になってみるとその気持ちよさから一気に虜になってしまいがちですが、ただ横になるだけであれば最高ですが、腰痛を改善させようと思うと低反発のマットレスは腰に与える負担が大きいといえます。マットレスを購入する際は寝心地や気持ちよさも大切ですが、そういった仕組みも十分に調べておくことが重要です。買ってみたものの合わなかったから違うのに変えるというのは難しいものです。しっかり選んで腰に良い睡眠がとれるようにしましょう。

腰痛を改善できるマットレス!マットレスは体圧分散できるものを選ぼう!

ぐっすり眠って朝起きたとき腰が痛いという体験をしたことはありませんか?よく朝起きたら腰が痛くてというと寝すぎじゃないの?とつっこまれたりしますよね。でもそれは心地の良い寝る環境を整えられていないということなんです。決して寝すぎという訳ではないのです。

寝る時に重要となってくるのが体の力を自然と抜くことができるかどうかなのです。日中は休む間もなく働いて体を動かしていいますよね。ただ立っているだけでも姿勢を支える筋肉が動いています。そのため寝ている間はその筋肉をしっかり休め回復させることが重要です。ただ布団に横になっているだけでは疲労は回復せず、翌日の朝になってしまっては体にはよくありません。しっかり疲労を回復させるためには布団に加えマットレスを使うようにしましょう。マットレスは敷布団やベットと合わせて使い、寝心地を良くしてくれるものです。でもマットレスって本当に必要なのって思いますよね。畳に布団でもいいのではと思ってしまいがちです。しかいし硬い布団だけでは体重が腰や肩にもろにかかってしまい体の重みを分散させることができず、腰を痛めてしまう原因となってしまいます。

そしてマットレスといってもその種類はたくさんあります。中にはかえってマットレスを使ったから腰痛になってしまうということもあります。マットレスは沈み過ぎず体圧分散ができるものにしましょう。沈み過ぎてしまうと筋肉や背骨への負担が大きくなってしまいます。さらに椎間板にも負担が大きく、ヘルニアの人は注意が必要です。せっかく体を休ませるためにマットレスを購入したのに、かえって身体を疲れさせてしまい、腰痛を引き起こしてしまっては元も子もありません。マットレス=腰痛改善ではなく、マットレスにもいろいろと種類があるのです。もし可能であれば、購入の際に実際にマットレスに横になってみてどのくらい沈むのかチェックしてみるのが一番いいでしょう。マットレスも安い買い物ではありません。せっかく購入するのであればより効果のあるものを選びたいですよね。

寝ている間にも腰には負担がかかっている状態です。腰痛を改善したいのであれば寝ている間にどれだけ腰への負担が取り除けるかが重要です。また腰が曲がった状態で寝ていると血流が悪くなり、腰を冷やしてしまうことにも繋がります。腰痛が改善できるマットレスを使いより快適な状態で睡眠がとれるようにしてあげましょう。

運動不足で腰痛に!簡単ストレッチで腰痛を改善!

腰痛になってしまうと日常生活に支障をきたしてしまいます。なるべく腰痛にならない生活を心掛けたり、これ以上悪化させないようにしなければいけません。腰痛といってもその度合いは様々で、ふとした瞬間にズキっと痛みが走ったという程度であればこれ以上悪化させないようにしなければいけません。ほっておくと腰痛はどんどんひどくなり、慢性化してしまうこともあるのです。腰痛を甘く見てはいけません。

腰痛の原因にあげられるのが運動不足です。とはいってもスポーツをバリバリしろという訳ではありません。簡単なストレッチをおこなっているだけで、腰痛になりにくい身体になるのです。私たちの背骨の周りにはとても多くの細かい筋肉がついています。この細かい筋肉は使わないでいると固まってしまうため、腰全体の筋肉が硬くなってしまうのです。この状態のまま不意に腰を動かすとピキーンといった鋭い痛みが走り腰痛になってしまいます。この腰の筋肉はリラックスした状態で動かさなければ柔らかくなりません。腰痛は腰をあまり動かさない生活習慣が招いた現代特有の病気と言えるでしょう。

腰痛を改善するには体を動かすことが大切ですが、むやみに腰を使っても悪くなるばかりです。足を動かして腰痛を軽減するストレッチがあるのでこれを試してみるのもいいでしょう。やり方はとても簡単で、時間がない人でも気軽に取り組むことができるのでおすすめです。まずは椅子に浅く腰を掛け、猫背にならないように座ります。片方の足を伸ばし、体を前に倒していきます。そうすると太ももの裏の筋肉がつぱってきます。つぱった状態で止めて、お尻から膝に向かって優しく10回ほどなでてあげましょう。このストレッチを行い腰に痛みがでなかったら次は腰を動かしていきましょう。四つん這いになり腰を丸めお尻を突き上げます。そして次に背中を下ろし背中をそりましょう。この動きを繰り返しましょう。痛みがある場合は無理して行うと悪化させてしまう恐れがあります。そのため、足だけのストレッチを数日行い、痛みがなくなれば背中のストレッチを行っていきましょう。ストレッチはお風呂上りなどの体が温まっている状態で行うとより効果的です。腰の筋肉がほぐれ効果も期待できるでしょう。毎日続けることで腰の筋肉がほぐれ腰痛になりにくい身体へになってきます。腰痛はほっておいたら慢性化してしまいます。しっかり筋肉をほぐしケアしてあげましょう。

腰痛の原因は何気ない事!生活習慣が腰痛をまねく!

昔から腰痛持ちで腰痛で仕事に支障をきたすなんて人も多いのではないでしょうか?特に重い荷物を持ったわけではないのに、急に腰が痛くなり、数日で治りそしてまた腰痛になるなんていう状態を繰り返している人もいます。腰痛になると痛みはもちろん普段できていたこできなくなるため厄介です。

腰痛になる原因は日常生活に潜んでいます。生活習慣や疲労、運動不足などが腰痛の原因になりうるのです。その中でも生活習慣は厄介です。普段何気にとっている姿勢が腰に大きな負担を与え、腰痛をまねきます。腹ばいの姿勢になって読書をしたりテレビを見るのもよくありません。胡坐をかいたり、足を組んだり、高さの合わないテーブルや椅子やキッチンでの作業、柔らかい寝具での睡眠などこういったことを日常生活において続けていると腰椎や関節や筋肉に大きな負担となり腰痛を引き起こしてしまいます。

また疲労から腰痛を引き起こすこともあります。仕事の関係で長時間同じ姿勢でいなければいけない人も多いですよね。同じ姿勢を長時間続けることで筋肉にストレスを与え、血液循環がうまくいかず老廃物が溜まりやすくなってしまいます。そうなってしまうと筋肉に疲労がたまり腰痛となってしまうのです。重い荷物を持ったり、体を使わない事務の仕事であっても長時間同じ姿勢でいる人は特に要注意です。

そして運動不足もよくありません。社会人になると定期的に運動するチャンスはグンと減ります。昔はスポーツをしていたのにという人も多いですよね。しかし運動をしていないと筋肉の衰えは意外に早いものなんです。運動不足になると背筋や腹筋、足腰の筋力が衰えると少しの負担でも腰痛を引き起こしてしまうのです。昔鍛えていたからと安心していると腰痛になってしまいますよ。簡単なストレッチなどを取り入れるようにしましょう。

腰痛をひき起こしていしまう原因は意外にも何気ないことです。腰痛は20代であっても腰痛持ちだという人も多くいます。若いからといって安心はしていられません。なるべく腰に負担のかからない姿勢を取ったり、今の自分の姿勢を見直すことも大切です。長時間同じ姿勢で仕事をしている人も、休憩を取り長時間同じ姿勢でいるのを避けるようにしましょう。

腰痛になってしまうと今まで出来ていたことがスムーズに出来なくなり、日常生活が大変となってしまいます。どうせそのうち治ると思わず、もう腰痛にならないように生活習慣を見直していきましょう。