どっちが腰痛予防になる?腰痛に優しいのはベットor布団

あなたはベットで寝ていますか?それとも布団で寝ていますか?今の時代ベットで就寝している人が多いとは思いますが、実際ベットと布団ではどちらが腰痛にいいのでしょうか?

もちろんそれぞれにメリット、デメリットがあります。まずは布団です。布団はその日によって敷くところを変更することができます。快眠に重要なのが頭寒足熱です。そのため季節によって向きを変えることができるため、冬は足に暖房が当たる向きに調整することができます。しかし布団は実は腰に良くないのです。もちろん布団をひいたりしまったりすることは結構大変です。腰を痛めているとなおさらです。この敷いたりしまったりの作業が苦という人も多いですよね。中にはそのまま敷きっぱなしという人もいます。しかし布団は非常に湿気やすく敷いたままにしているとダニやカビが繁殖してしまいます。アレルギーで痒みが発生してしまったということになってしまいます。さらにフローリングの上にしいてしまうと通気性が悪くなってしまうため要注意です。またマットレスを使用していないと腰に負担がかかります。布団に横になってみるとわかるのですが、敷布団やマットレスによっては布団が硬く感じてしまいます。布団が硬いということは腰が浮いてしまっている状態です。そのため腰を休めることが出来ずに腰痛を悪化させてしまうのです。この点は腰に良いマットレスを使えば改善できるでしょう。

そしてベットです。ベットで寝ている人の方が多いのではないでしょうか。ベットの場合は布団に比べて起き上がるのが楽です。ベットの場合、ベットから立ち上がる時に十分な高さがあるため腰の負担になりません。しかしベットはベット下の掃除が大変だったり、しまうことが出来ないため、簡単に場所を移動することが出来ません。腰痛になったから1階に寝床を移動ということは簡単にできません。

ベットも布団もそれぞれメリット、デメリットがあります。そして両方に言えるのが、腰痛にとって重要となってくるのがマットレストということです。もちろんどんなマットレスでもOKということではありません。使うことでかえって腰を痛めてしまうということもあります。マットが柔らかすぎず、硬すぎず、自分の体に合ったものを選ぶことが大切なのです。睡眠は1日の体の疲れを取ることが重要です。横に慣れればいいというわけではありません。腰痛にならず快適な睡眠がとれるマットレスを探しましょう。