腰痛を改善できるマットレス!マットレスは体圧分散できるものを選ぼう!

ぐっすり眠って朝起きたとき腰が痛いという体験をしたことはありませんか?よく朝起きたら腰が痛くてというと寝すぎじゃないの?とつっこまれたりしますよね。でもそれは心地の良い寝る環境を整えられていないということなんです。決して寝すぎという訳ではないのです。

寝る時に重要となってくるのが体の力を自然と抜くことができるかどうかなのです。日中は休む間もなく働いて体を動かしていいますよね。ただ立っているだけでも姿勢を支える筋肉が動いています。そのため寝ている間はその筋肉をしっかり休め回復させることが重要です。ただ布団に横になっているだけでは疲労は回復せず、翌日の朝になってしまっては体にはよくありません。しっかり疲労を回復させるためには布団に加えマットレスを使うようにしましょう。マットレスは敷布団やベットと合わせて使い、寝心地を良くしてくれるものです。でもマットレスって本当に必要なのって思いますよね。畳に布団でもいいのではと思ってしまいがちです。しかいし硬い布団だけでは体重が腰や肩にもろにかかってしまい体の重みを分散させることができず、腰を痛めてしまう原因となってしまいます。

そしてマットレスといってもその種類はたくさんあります。中にはかえってマットレスを使ったから腰痛になってしまうということもあります。マットレスは沈み過ぎず体圧分散ができるものにしましょう。沈み過ぎてしまうと筋肉や背骨への負担が大きくなってしまいます。さらに椎間板にも負担が大きく、ヘルニアの人は注意が必要です。せっかく体を休ませるためにマットレスを購入したのに、かえって身体を疲れさせてしまい、腰痛を引き起こしてしまっては元も子もありません。マットレス=腰痛改善ではなく、マットレスにもいろいろと種類があるのです。もし可能であれば、購入の際に実際にマットレスに横になってみてどのくらい沈むのかチェックしてみるのが一番いいでしょう。マットレスも安い買い物ではありません。せっかく購入するのであればより効果のあるものを選びたいですよね。

寝ている間にも腰には負担がかかっている状態です。腰痛を改善したいのであれば寝ている間にどれだけ腰への負担が取り除けるかが重要です。また腰が曲がった状態で寝ていると血流が悪くなり、腰を冷やしてしまうことにも繋がります。腰痛が改善できるマットレスを使いより快適な状態で睡眠がとれるようにしてあげましょう。