マットレスだけじゃない!腰痛には枕選びも重要!硬めの枕で腰痛改善!

腰痛になってしまうと何回も接骨院に通ったり、湿布で治療したりといろいろと手を尽くしますよね。腰痛になってしまうと日常生活が不自由だったり、仕事をしている人はいつものように仕事が出来なくて途方に暮れてしまいます。

しかし腰にとって一番の治療は休むことなのです。人間は二足歩行になってから肩こりと腰痛に悩まされています。私たちの体は背骨で重たい頭を抱えています。そのため立っている間は腰に相当な負担がかかっています。寝ている間に腰に負担にならない寝方、負担にならない寝具を選ぶことが非常に重要なのです。お尻が沈み過ぎるものや、硬すぎるものもダメ、そして柔らかすぎるものダメと腰痛を悪化させないマットレス選びはとても難しいのです。そして腰痛を悪化させないためには枕も重要です。枕は顔と首が一直線になるものを選びましょう。柔らかすぎる枕や、ヘタってしまっている枕では腰痛の原因となってしまいます。枕が悪いと腰が反ってしまう姿勢になる、背骨に横曲がりの力が加わる、適度な寝返りが出来ないなどの理由で腰痛を引き起こしてしまいます。うつ伏せや仰向けに寝ると腰が反る姿勢になってしまいます。枕が高いと猫背のような状態で寝ることになってしまいますし、低すぎる場合も顎が上がってしまい肩こりの原因となってしまいます。また頭が沈みこむテンピュールなどの枕は頭が沈みこみ非常に寝心地の良い感覚になりますが、頭が沈みこんでしまうとそのまま固定され、自然な寝返りをしにくくなりかえって腰痛を悪化させてしまう可能性があります。

ではどんな枕がいいのでしょうか?重要なのが硬めの枕、幅の広い枕、適度な硬さの枕です。枕は柔らかすぎると頭が沈みこみ自然な寝返りが出来なくなります。体に負担を与えない程度の硬さがいいでしょう。そして幅広の枕は寝返りをしてしまっても枕から落ちてしまう心配がありません。気付かない間に枕から落ちて寝ていたとなると姿勢が悪くなってしまいます。幅広の枕であれば安心でしょう。枕の高さは横向きに寝た際に鼻と喉とおへそが一直線になるものを選びましょう。

枕といってもいろんなものが販売されています。腰痛を悪化させないためにはマットレスと同様枕選びも慎重にならなければいけません。高反発なテラックス素材、蕎麦殻の枕などの硬めの枕がおすすめです。枕が変わったら寝れないといわれるほど枕は重要です。自分の体に合った枕を見つけられると腰痛にも効果がえられるでしょう。