マットレスだけじゃない!腰痛には枕選びも重要!硬めの枕で腰痛改善!

腰痛になってしまうと何回も接骨院に通ったり、湿布で治療したりといろいろと手を尽くしますよね。腰痛になってしまうと日常生活が不自由だったり、仕事をしている人はいつものように仕事が出来なくて途方に暮れてしまいます。

しかし腰にとって一番の治療は休むことなのです。人間は二足歩行になってから肩こりと腰痛に悩まされています。私たちの体は背骨で重たい頭を抱えています。そのため立っている間は腰に相当な負担がかかっています。寝ている間に腰に負担にならない寝方、負担にならない寝具を選ぶことが非常に重要なのです。お尻が沈み過ぎるものや、硬すぎるものもダメ、そして柔らかすぎるものダメと腰痛を悪化させないマットレス選びはとても難しいのです。そして腰痛を悪化させないためには枕も重要です。枕は顔と首が一直線になるものを選びましょう。柔らかすぎる枕や、ヘタってしまっている枕では腰痛の原因となってしまいます。枕が悪いと腰が反ってしまう姿勢になる、背骨に横曲がりの力が加わる、適度な寝返りが出来ないなどの理由で腰痛を引き起こしてしまいます。うつ伏せや仰向けに寝ると腰が反る姿勢になってしまいます。枕が高いと猫背のような状態で寝ることになってしまいますし、低すぎる場合も顎が上がってしまい肩こりの原因となってしまいます。また頭が沈みこむテンピュールなどの枕は頭が沈みこみ非常に寝心地の良い感覚になりますが、頭が沈みこんでしまうとそのまま固定され、自然な寝返りをしにくくなりかえって腰痛を悪化させてしまう可能性があります。

ではどんな枕がいいのでしょうか?重要なのが硬めの枕、幅の広い枕、適度な硬さの枕です。枕は柔らかすぎると頭が沈みこみ自然な寝返りが出来なくなります。体に負担を与えない程度の硬さがいいでしょう。そして幅広の枕は寝返りをしてしまっても枕から落ちてしまう心配がありません。気付かない間に枕から落ちて寝ていたとなると姿勢が悪くなってしまいます。幅広の枕であれば安心でしょう。枕の高さは横向きに寝た際に鼻と喉とおへそが一直線になるものを選びましょう。

枕といってもいろんなものが販売されています。腰痛を悪化させないためにはマットレスと同様枕選びも慎重にならなければいけません。高反発なテラックス素材、蕎麦殻の枕などの硬めの枕がおすすめです。枕が変わったら寝れないといわれるほど枕は重要です。自分の体に合った枕を見つけられると腰痛にも効果がえられるでしょう。

どっちが腰痛予防になる?腰痛に優しいのはベットor布団

あなたはベットで寝ていますか?それとも布団で寝ていますか?今の時代ベットで就寝している人が多いとは思いますが、実際ベットと布団ではどちらが腰痛にいいのでしょうか?

もちろんそれぞれにメリット、デメリットがあります。まずは布団です。布団はその日によって敷くところを変更することができます。快眠に重要なのが頭寒足熱です。そのため季節によって向きを変えることができるため、冬は足に暖房が当たる向きに調整することができます。しかし布団は実は腰に良くないのです。もちろん布団をひいたりしまったりすることは結構大変です。腰を痛めているとなおさらです。この敷いたりしまったりの作業が苦という人も多いですよね。中にはそのまま敷きっぱなしという人もいます。しかし布団は非常に湿気やすく敷いたままにしているとダニやカビが繁殖してしまいます。アレルギーで痒みが発生してしまったということになってしまいます。さらにフローリングの上にしいてしまうと通気性が悪くなってしまうため要注意です。またマットレスを使用していないと腰に負担がかかります。布団に横になってみるとわかるのですが、敷布団やマットレスによっては布団が硬く感じてしまいます。布団が硬いということは腰が浮いてしまっている状態です。そのため腰を休めることが出来ずに腰痛を悪化させてしまうのです。この点は腰に良いマットレスを使えば改善できるでしょう。

そしてベットです。ベットで寝ている人の方が多いのではないでしょうか。ベットの場合は布団に比べて起き上がるのが楽です。ベットの場合、ベットから立ち上がる時に十分な高さがあるため腰の負担になりません。しかしベットはベット下の掃除が大変だったり、しまうことが出来ないため、簡単に場所を移動することが出来ません。腰痛になったから1階に寝床を移動ということは簡単にできません。

ベットも布団もそれぞれメリット、デメリットがあります。そして両方に言えるのが、腰痛にとって重要となってくるのがマットレストということです。もちろんどんなマットレスでもOKということではありません。使うことでかえって腰を痛めてしまうということもあります。マットが柔らかすぎず、硬すぎず、自分の体に合ったものを選ぶことが大切なのです。睡眠は1日の体の疲れを取ることが重要です。横に慣れればいいというわけではありません。腰痛にならず快適な睡眠がとれるマットレスを探しましょう。

寝ている間に腰に負担がかかる!低反発のマットレスは腰に負担大!

世の中には腰痛で苦しむ人が多くいます。その大半が腰痛もちだからと仕方ないと思ってしまいがちです。腰痛は日常生活に支障をきたすものであり、仕事や育児、家事を抱えていると安静にしているという訳には行きません。痛めた腰を安静にさせるなんてなかなかできないですよね。そのため、腰痛にならないようにするのが一番です。

腰痛は筋肉の緊張が原因で神経や血管が圧迫され違和感として腰にあらわれます。一日中立って居たり、デスクワークしているだけでも腰にとっては腰痛の原因となるのです。寝ている間もずっと同じ姿勢でいることは腰にとっては負担となります。マットレスを選ぶ際は腰が沈みこまないようなものを選ぶことが大切です。

マットレスと聞くと低反発が有名です。ひと昔前に低反発のさわり心地がブームになったほどです。低反発のマットレスは寝心地も良く、無重力空間にいるみたいと言われ、一度横になってみると「これ欲しい!」と思えるほど気持ちの良いものです。しかしこんな寝心地の良い低反発のマットレスですが、腰痛もちにとって低反発のマットレスは腰痛を悪化させる原因なのです。

でもなぜ寝心地がいいのに腰痛になってしまうの?って思いますよね。低反発のマットレスは腰などの重たい部分が沈みこんでしまいます。腰には人の内臓が集まっており一番思い部分なため、低反発のマットレスだとその部分だけ沈んでしまい、背骨が曲がり、腰痛をまねいてしまうのです。さらに寝返りが少ないのもよくありません。寝ている間に寝返りが少ないのは決して悪いことはありませんが、少なすぎるのも良くないのです。適度に寝返りをすることは血流の流れを良くしてくれます。体は血流が滞ってしまと自然と寝返りをします。低反発のマットレスは沈み体を包み込んでしまうため寝返りを抑制してしまうのです。

低反発のマットレスは寝心地は最高ですが、腰にとってはあまり良くありません。お店で購入する際に試しに横になってみるとその気持ちよさから一気に虜になってしまいがちですが、ただ横になるだけであれば最高ですが、腰痛を改善させようと思うと低反発のマットレスは腰に与える負担が大きいといえます。マットレスを購入する際は寝心地や気持ちよさも大切ですが、そういった仕組みも十分に調べておくことが重要です。買ってみたものの合わなかったから違うのに変えるというのは難しいものです。しっかり選んで腰に良い睡眠がとれるようにしましょう。

腰痛を改善できるマットレス!マットレスは体圧分散できるものを選ぼう!

ぐっすり眠って朝起きたとき腰が痛いという体験をしたことはありませんか?よく朝起きたら腰が痛くてというと寝すぎじゃないの?とつっこまれたりしますよね。でもそれは心地の良い寝る環境を整えられていないということなんです。決して寝すぎという訳ではないのです。

寝る時に重要となってくるのが体の力を自然と抜くことができるかどうかなのです。日中は休む間もなく働いて体を動かしていいますよね。ただ立っているだけでも姿勢を支える筋肉が動いています。そのため寝ている間はその筋肉をしっかり休め回復させることが重要です。ただ布団に横になっているだけでは疲労は回復せず、翌日の朝になってしまっては体にはよくありません。しっかり疲労を回復させるためには布団に加えマットレスを使うようにしましょう。マットレスは敷布団やベットと合わせて使い、寝心地を良くしてくれるものです。でもマットレスって本当に必要なのって思いますよね。畳に布団でもいいのではと思ってしまいがちです。しかいし硬い布団だけでは体重が腰や肩にもろにかかってしまい体の重みを分散させることができず、腰を痛めてしまう原因となってしまいます。

そしてマットレスといってもその種類はたくさんあります。中にはかえってマットレスを使ったから腰痛になってしまうということもあります。マットレスは沈み過ぎず体圧分散ができるものにしましょう。沈み過ぎてしまうと筋肉や背骨への負担が大きくなってしまいます。さらに椎間板にも負担が大きく、ヘルニアの人は注意が必要です。せっかく体を休ませるためにマットレスを購入したのに、かえって身体を疲れさせてしまい、腰痛を引き起こしてしまっては元も子もありません。マットレス=腰痛改善ではなく、マットレスにもいろいろと種類があるのです。もし可能であれば、購入の際に実際にマットレスに横になってみてどのくらい沈むのかチェックしてみるのが一番いいでしょう。マットレスも安い買い物ではありません。せっかく購入するのであればより効果のあるものを選びたいですよね。

寝ている間にも腰には負担がかかっている状態です。腰痛を改善したいのであれば寝ている間にどれだけ腰への負担が取り除けるかが重要です。また腰が曲がった状態で寝ていると血流が悪くなり、腰を冷やしてしまうことにも繋がります。腰痛が改善できるマットレスを使いより快適な状態で睡眠がとれるようにしてあげましょう。

運動不足で腰痛に!簡単ストレッチで腰痛を改善!

腰痛になってしまうと日常生活に支障をきたしてしまいます。なるべく腰痛にならない生活を心掛けたり、これ以上悪化させないようにしなければいけません。腰痛といってもその度合いは様々で、ふとした瞬間にズキっと痛みが走ったという程度であればこれ以上悪化させないようにしなければいけません。ほっておくと腰痛はどんどんひどくなり、慢性化してしまうこともあるのです。腰痛を甘く見てはいけません。

腰痛の原因にあげられるのが運動不足です。とはいってもスポーツをバリバリしろという訳ではありません。簡単なストレッチをおこなっているだけで、腰痛になりにくい身体になるのです。私たちの背骨の周りにはとても多くの細かい筋肉がついています。この細かい筋肉は使わないでいると固まってしまうため、腰全体の筋肉が硬くなってしまうのです。この状態のまま不意に腰を動かすとピキーンといった鋭い痛みが走り腰痛になってしまいます。この腰の筋肉はリラックスした状態で動かさなければ柔らかくなりません。腰痛は腰をあまり動かさない生活習慣が招いた現代特有の病気と言えるでしょう。

腰痛を改善するには体を動かすことが大切ですが、むやみに腰を使っても悪くなるばかりです。足を動かして腰痛を軽減するストレッチがあるのでこれを試してみるのもいいでしょう。やり方はとても簡単で、時間がない人でも気軽に取り組むことができるのでおすすめです。まずは椅子に浅く腰を掛け、猫背にならないように座ります。片方の足を伸ばし、体を前に倒していきます。そうすると太ももの裏の筋肉がつぱってきます。つぱった状態で止めて、お尻から膝に向かって優しく10回ほどなでてあげましょう。このストレッチを行い腰に痛みがでなかったら次は腰を動かしていきましょう。四つん這いになり腰を丸めお尻を突き上げます。そして次に背中を下ろし背中をそりましょう。この動きを繰り返しましょう。痛みがある場合は無理して行うと悪化させてしまう恐れがあります。そのため、足だけのストレッチを数日行い、痛みがなくなれば背中のストレッチを行っていきましょう。ストレッチはお風呂上りなどの体が温まっている状態で行うとより効果的です。腰の筋肉がほぐれ効果も期待できるでしょう。毎日続けることで腰の筋肉がほぐれ腰痛になりにくい身体へになってきます。腰痛はほっておいたら慢性化してしまいます。しっかり筋肉をほぐしケアしてあげましょう。